薬剤師転職サイトおすすめ!転職・再就職で人気の求人サイトと選び方!

薬剤師転職サイトおすすめ!転職・再就職で人気の求人サイトと選び方!

 

薬剤師が転職するなら転職サイトの選び方の見直しをおすすめします!
薬剤師専門の転職サイト・転職エージェントを選ぶことで、条件のよい非公開求人から就職先を選ぶことができるからです。

 

30代・40代・50代の中高年だとか、仕事から離れていてブランクありだとかで悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。
薬剤師の転職サイトおすすめ情報や選び方について解説しています。

 

 

薬剤師に転職・再就職のチャンス到来

薬剤師に転職・再就職のチャンス到来

 

薬剤師が転職、あるいは復職・復帰・再就職するなら、今はまさに絶好の時・・
薬剤師の中途採用競争がどんどん加熱しているんです!

 

ですので、当たり前ですが圧倒的な売り手市場です。
今なぜ、薬剤師の転職・再就職は売り手市場なのでしょうか?

 

薬剤師に転職・再就職チャンス到来その1.薬学部6年制化

2006年4月から薬学部が4年制から6年制になった、いわゆる「空白の2年」により、新卒者が2年間途絶えました。
2年間、新卒者を採用できなかった事により、薬剤師は人材需要に対して人員数が不足しています。

 

需要と供給のバランスが崩れ、売り手市場になっているんですね。
これは一過性の問題であり、時間と共に影響は減少していきますが、現在の所は人材不足の原因となっています。

 

薬剤師に転職・再就職チャンス到来その2.職場自体が拡大

大手企業(商社や大手スーパー等)が調剤事業を強化したり、24時間営業の薬局が増えたりと、薬剤師の方が働く場所自体が増えています。
異業種からの参入や提携も活況ですので、今後も活躍できる場所は増えていくでしょう。

 

病院、保険薬局、門前薬局、治験薬剤師などの一般的な職場は当然として・・
スーパージェネラリスト、スポーツファーマシスト、プライマリ・ケア認定薬剤師、ファーマコビジランス、糖尿病療養指導士、などの、より専門性の高い職種でも需要が高まっています。

 

薬剤師は転職サイト・転職エージェントの利用が成功への鍵

薬剤師の職場の殆どは調剤薬局ですが、最近ではドラッグストアが大きくシェアを伸ばしています。
下図は、主な就業先をグラフにしたものです。

 

薬剤師の生涯年収は、ドラッグストア>調剤薬局>病院といった順になりますが、人材紹介会社を経由して転職・再就職する事で、年収をアップさせたり希望する職番環境の薬局を紹介して貰えるんです。

 

これは重要なポイントですので、覚えておきましょう。

 

薬剤師の主な就業先

 

薬剤師は転職エージェント経由の年収が高い

働く以上、誰でもお給料は高い方が良いに決まっていますが、自分では言いづらいのが年収交渉です。
この年収交渉を代わりにやってくれる為、人材紹介会社経由で転職・再就職すると、平均的に年収が高くなっている事が統計データにも現れています。

 

以下の表は、薬剤師の就職時の平均年収を比較したものですが、殆どの年代で人材紹介会社経由で採用された場合の年収の方が高くなっています。

 

  全 体 20代 30代 40代 50代

厚生労働調査の
薬剤師平均年収

493 385 495 531 621

人材紹介経由の
薬剤師平均年収
(最高額)

516
(960)

467
(708)

519
(840)

551
(960)

551
(811)

※単位:万円
※厚生労働省 平成24年賃金構造基本統計

 

薬剤師が転職・再就職で高収入を得るための条件

薬剤師が高収入で転職や再就職するには、それなりの条件が必要です。
高収入を得るための条件は、これまでの経験が物を言います。
転職・再就職で高年収を獲得するには、薬剤師としての仕事プラスαができないといけません。

 

薬剤師が転職・再就職で高収入を得るならプラスαがあると有利

薬剤師は、仕事内容の対価として給料が支払われているので、高収入を得たいのなら、プラスαがとても重要になってきます。

 

たとえば、1つの職場で10年以上働いた事がある経験などは評価されます。
薬剤師として10年以上働いている実績はかなり大きく、高収入を期待できる可能性があります。

 

薬剤師の転職・再就職はマネジメント能力があると有利

自分の仕事以外のマネジメントが出来る能力があれば、さらに有利になります。
スタッフ管理や職場内の調節などのマネジメント能力がある人は重宝されます。

 

特に、医師との折衝など、他の人が避けたがる事が出来る人は高収入での転職・差就職が期待出来ます。
数店舗を管理するなど、管理職経験がある人ならば、高収入が期待できるでしょう。

 

薬剤師が高収入で転職・再就職するには、いかに自身が会社に対して大きな利益をもたらすことができる人物であるかどうかにかかってきます。

 

自身が働くことで、薬局に大きな利益がもたらされるのであれば、勤務先も必然的に、高収入を提示してくれるでしょう。

 

50代の中高年やブランクのある薬剤師の転職・再就職

薬剤師に限った話ではありませんが、50代の中高年は転職に不利です。
復職・復帰・再就職などでブランクありの場合は、在職中の転職と比較して特に年収が低くなる傾向にあります。

 

対策として人材紹介会社を上手く使い、出来るだけ高収入で就職できるようにしましょう。
中高年がスムーズに転職・再就職するには、専門の薬剤師求人サイトを利用するのが一番です。

 

ブランクのある中高年の場合、再就職するに当たって、自分が希望する職種になかなか就くことが出来ないのが現状です。
現実は、かなり厳しいものがあります。

 

中高年の薬剤師は転職支援会社を利用する!

中高年の薬剤師がスムーズに転職・再就職を成功させるには、自分を雇うメリットが大きいと思わせることができる勤務先を選ばなければなりません。

 

自分一人で行うことはかなり難しいので、転職支援会社や転職エージェントなどを利用しながら行いましょう。

 

中には、中高年の転職や再就職を専門に扱っているような会社もあるので、そうした専門の会社を利用することで、スムーズに活動を進めることができます。

 

薬剤師は専門職なので、ブランクのある中高年の転職であっても、求人サイトのサポートがあれば、転職がかなりしやすいです。
実際、ある程度の年齢になっても、製薬会社から調整薬局へと転職する資格者はけっこういます。

 

中高年でも、薬剤師専門の転職サイトを利用すれば、スムーズな交渉をしてもらえるので、転職・再就職を有利にすすめるためにも利用をオススメします。

 

薬剤師が転職・再就職するなら非公開求人を狙おう!

例えば、子育てが落ち着いたのでパートで働きたいママ薬剤師さんだったり、結婚したので家庭を優先したいだとかいった事情をお持ちの人もいると思います。
こういった場合、残業や休暇の取得など、収入以外の労働条件がとても重要ですよね。

 

ましてや一人薬剤師などの職場ではやっていけないかもしれません。
やっぱり、しっかりとした体制が整っている薬局、融通のきく職場に転職・再就職したい所です。
特にブランクありの場合やパートを希望するなら重要ですよね。

 

人材紹介会社を経由すれば、非公開の求人を多く保有しているので選択肢が広がりますし、自分では聞きにくい労働環境のリサーチも万全なので安心して薬剤師として転職・再就職できると思います。

 

より専門性の高い職種の場合、更に非公開求人の割合が増すため、専門の人材紹介会社を利用するのが得策ですね。

 

薬剤師の転職・再就職に有利な時期

薬剤師の転職・再就職に有利な時期

 

薬剤師が納得のいく再就職をするには有利な時期があります。
それは、求人枠が多くなる時期で、新卒の人が退職すると言われる6月頃から9月頃までです。

 

実際、医療技術機関の求人は、秋から冬にかけて増えます。
この時期に転職・再就職すると、有利に求職活動をすることができます。

 

より良い就職先を目指すには、良い求人を探さないといけませんが、それに加えて、活動時期も考慮すれば、失敗しない求職が可能になります。

 

一般的に、新卒の人が辞めていく6月から9月は求人枠が広がる傾向にあります。
医療技術機関は秋から冬にかけて忙しくなるので、この時期に求人が多くなります。
有利なタイミングで求職活動するということは、それだけ転職・再就職できる確率が高くなります。

 

薬剤師が転職・再就職するのに有利な時期をしっかり見極め、その上で、好条件の求人をいち早く入手できる、求人サイトを活用すれば万全です。
好条件の求人は、ハローワークなどにはありません。
好条件の非公開求人を紹介してもらうには、求人サイトへの登録が必須です。

 

薬剤師転職サイトおすすめ3選と選び方

薬剤師転職サイトおすすめ3選と選び方

 

中高年だったり、子育てや健康上の理由で薬剤師の仕事を離れていてブランクがあったり、プライベートを大事にする為に残業の少ない職場に移りたいだとか、もっと収入を上げたいだとか、人それぞれ色々な事情や要望があると思います。

 

そういった希望を叶えたいなら、行動するのは今です。
人材紹介会社を上手く使って、希望する職場に転職・再就職しましょう!

 

とは言え、人材紹介会社ならどこでも良いわけではなく選び方も重要です。
医療業界・薬剤師業界とのコネクションや、保有している求人の数や多様性、キャリアコンサルトの質などを考慮して選びましょう。

 

また地方在住者の方にとっては、全国対応という点も重要だと思います。
以下に薬剤師転職サイトおすすめを紹介しているので参考にしてください。

 

薬剤師転職サイトおすすめ1.薬キャリ

薬剤師転職サイトおすすめ1.薬キャリ

 

薬キャリは特におすすめの転職サイトで、登録求人数の多さと幅広さで人気があります。
ここは大手企業から中小の調剤薬局までカバーしているので、自分の希望にあった転職先を探しやすくなっています。
親身に相談に乗ってくれるサポートに定評があり、登録者数No.1を誇っています。

 

派遣社員希望なら、薬キャリは特にお勧め

他の求人サイトでは、派遣社員希望だと歓迎されませんが、薬剤師が不足している事もあって、今なら時給3000円で採用される事もあります。
20代の場合、派遣社員で働く方が、年収換算だと100万以上多くなる場合も!

 

薬剤師転職市場での薬キャリの強み
  • 業界最大級!4万件以上の求人数(2位は3万5千件の求人)
  • 面談後、複数の求人を即日紹介!
  • 薬剤師専門なので病院や調剤薬局に強い!
  • 地域専任コンサルタントが大手〜地域密着薬局まで網羅!
  • 派遣・パート・定年後の薬剤師の仕事探しにも対応
  • 中高年、ブランクありの再就職でもOK!

 

条件の良い求人はいつ出てくるか分かりませんので、今すぐ転職・再就職するつもりはなくても、アンテナを貼る意味でも登録だけはしておきましょう。

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

 

薬剤師転職サイトおすすめ2.薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職サイトおすすめ2.薬剤師転職ドットコム

 

薬剤師転職ドットコムもおすすめの求人サイトです。
非公開求人が非常に多く、10000名以上の薬剤師が登録しているサイトです。

 

業界トップクラスの転職支援サイトで、専任の担当コンサルタントがつきます。
面接や履歴書の書き方の指導もしてくれ、一分で登録が完了するのでおすすめです。

 


>>公式サイトで詳細を確認<<

 

薬剤師転職サイトおすすめ3.リクナビ薬剤師

薬剤師転職サイトおすすめ3.リクナビ薬剤師

 

転職におすすめの求人サイトは、リクナビ薬剤師です。
大手リクルートが運営する転職支援サイトで、求人件数が3万5千件以上あります。
求人件数はまさに業界でも屈指の規模で、早く転職を決めたい人におすすめです。

 

じっくり転職活動したい人には、わがままな要求に応えてくれるので利用者が急増しています。
非公開求人も多いので求人サイトとしては必ず登録しておきたい会社です。

 


>>公式サイトで詳細を確認<<

TOPへ